2004年07月31日

逆Bは表示できません

017 S. O. S/ABBA
018 Chiquitita/ABBA
019 Dancing Queen/ABBA
020 That's Me/ABBA
021 The Winner Takes It All/ABBA
022 Super Trooper/ABBA
023 Mamma Mia/ABBA
024 Money, Money, Money/ABBA
025 Knowing Me, Knowing You/ABBA
026 Fernando/ABBA
027 Lay All Your Love On Me/ABBA

ABBAって、名曲が多すぎて、どうしようかさんざん悩みましたが、いろんなジャンルの曲をいれようと思ってるので、厳選して入れてみました。
ABBAと言えば言わずと知れた「ダンシング・クイーン」が有名ですが、以前、NHKの教育テレビの番組の中で、グッチ裕三さんが替え歌で「単身赴任」という曲にして歌っていて、爆笑しました。
特にサビの歌詞の「dig in the Dancing Queen」のところを「パパは単身赴任〜♪」というのが最高でした。

次回は、ハードロックで行こうと思います。

posted by あまのめぐみ at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴飲暴食してしまう、夏

本日は珍しくオフだったので、ゆっくり寝ている予定でしたが、習慣で、いつも通りに起床してしまいました。
今日も暑くて、午前中のうちに気温が35度とかに。
「アツクテシヌゼ!」
誰かがそんなことを言ってたような。

猫のノミとりの薬を買うため、近所のショッピングモールに出かけました。
今日はフル充電したiPod miniを用意して、出発。相変わらず、クリックホイールって、不思議な感じ。
薬を買って、フラフラしてると、オープンしたばかりのレストランがあり、オープン記念で、一部のメニューが半額になっていたので、これはチャンスと思い、レストランに入りました。
半額の「チキンカツカレー」を注文。水を飲みながら携帯でメール送ったりしていて、「あら、ここの水、ちょっと違うような」と気がつく。
わずかにレモン風味な水。なかなかやるな、と思って、飲み過ぎてしまい、注文したカレーが届く頃には、もう食べなくてもいい気分に。
カレーは、とてもおいしくて、これならまた来たいな、という味なんですが、私の胃袋が限界に近づいていて、全部食べるのはキツイかな、という感じで、さらに、おまけのサラダもあったので、さながら大食い大会の後半みたいな雰囲気で、水を飲みすぎたことを後悔してました。
注文したのがカレーということもあり、食べながら水も飲むので、余計に拍車がかかっていた、というのもあります。

私は注文した物は全部食べないと気が済まないタチなので(作った人に失礼になるから)、なんとかがんばって完食しましたが、さすがに苦しくて、このまま戻してしまうんじゃないかと不安になりましたが、そのうちおさまるだろう、と思って、車を運転して帰りました。
私は胃は丈夫な方なので、10分もしたら、かなり落ち着いて、30分もしたら、通常の状態まで戻りました。
とはいえ、その後、昼食として用意されたそうめんは食べる気になれませんでしたが(苦笑)。
posted by あまのめぐみ at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月30日

かき氷とiPodと気温37℃

今日の山形は暑かったです。37度! もう一日中、人肌のぬくもりを感じていたようなものですね。あんまりしつこいと嫌われますよ。
こんな日はみんなでかき氷を食べよう! ということで、お店の仲間とかき氷を作って食べたのですが、冷たい物を口にすると、こめかみや後頭部が「キーン」と痛む人いますよね。
私はあれがないんです。だから、平気な顔をして、一人でバクバク食べてるのですが、となりで「おぉぉぉぉ」とか言いながら頭抱えてる人がいて(笑)、笑っちゃいけないんだけど、おかしくて(笑)。
そんな中、私の自慢のiPodちゃんを見せびらかそうと思って(性格悪い)、ドラえもんみたいに、バッグから「あいぽっどみに〜」と出したまでは良かったのですが、電源入れたら、電池切れ寸前で(汗)、そういえば充電するの忘れてた(ちょっとしかしてなかった)と思い、なかったことになりました(苦笑)。
自慢なんかするもんじゃありませんね。
iPod、というかiPod miniの場合、携帯電話のケースをそのままケースとして使うことができるみたいです。
私は、普段携帯を入れてるかわいいデザインのポーチになにげなく入れてみたら、あら不思議、ちょうどいい感じにおさまり、これはトリビアになるのでは? とすら思いました。
miniユーザーの方はお試しあれ。
posted by あまのめぐみ at 22:20| Comment(6) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月29日

どっちの言葉ショー

1「シャンパン」と「シャンペン」
2「スパゲッティ」と「スパゲティ」
3「ピザ」と「ピッツア」
4「ナムプラー」と「ナンプラー」
5「ラリアート」と「ラリアット」

日常生活の中で、微妙に表記の違う言葉に出会うことがあります。
はっきりいって、どっちでも通じるので、そんなに困るようなものではないのですが、「電車」を「汽車」というと田舎者よばわりされるので、こういう細かいことも、気になることがあります。
5番はプロレスの技の名前ですが(笑)、他は全部食べ物関連です。
どっちを使うのが恥ずかしくない、紳士淑女らしい言葉遣いなのでしょう?
3番以外は、口に出すと、違いがまったくないくらいですが、ピザとピッツアは、ちょっと迷います。
本当はピッツアが正しいのでしょうが、「ピザハット」を「ピッツアハット」と発音するのはなんだか怪しい外人みたいで嫌です。
まあ、しょせんは日本人なので、いくらがんばっても、正確な発音にはならないのでしょうけど・・・。

余談ですが「クトゥルー」と「クトゥルフ」というのもありますね。こっちは神話です。この場合は「ク・リトル・リトル」というのも選択肢に入るみたいなので、もう何がなにやらわからなくなるので、やめますが(苦笑)。

他にも、こういうのはどう? というのあれば、ぜひコメントに書いてください。
posted by あまのめぐみ at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月28日

ブックマークがブログでいっぱい

別に、高校球児がハッスルしたっていいじゃん。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20040727&a=20040727-00000018-ykf-spo

それはともかく、ブログをやってますと、アクセスランキングとか、さりげなく気になったりします。
私のブログは、なんてことはない、ごくごく普通の、平々凡々としたブログなので、TOP100に入ることすらありえないような状況ですが、ランキングのためにブログをやっているわけではないので、アクセス向上のために何かをやる、ということは考えてませんが、他人のブログをのぞいて、心の琴線に触れた記事には積極的にコメントするようにしてます。
単純に、自分の書いた記事にコメントあると嬉しいじゃないですか。
そんなわけで、あちこちのブログをのぞくようになり、気に入ったところは即ブックマーク、としていたら、あれよあれよというまに、ブックマークがブログでうまってしまいました。
その一つ一つを毎日確認して、さらに、可能な限りコメントをしようと思ってるので、それだけでかなり時間がかかるようになってきてます。
でも、楽しいです。世の中にはいろんな人がいて、そのぶんだけ、ブログもいろいろな内容になっているので、学ぶことも多く、やめられません。

・・・ここまで書いて、ふと思ったのが、私のブログをまめに見に来てくれる読者さんは、一体何が楽しくて見に来るのだろう、ということです。
読者の立場になって考えても、何が面白いのかわかりませんが(苦笑)、とりあえず毎日更新してるから、日課になっているのかも。
毎日、といえば、糸井重里さんのHP「ほぼ日刊イトイ新聞」、最初、ほぼ日刊・・・毎日更新してるなんてすごいなあ、と思ってましたが、私もけっこうがんばってますね(笑)。
まあ、毎日更新してる、というくらいしかとりえのないブログですが、これからもよろしくお願いします。


posted by あまのめぐみ at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月27日

人生の極意

今日、ラジオでとってもステキな名言を拝聴致しました。

「良いことをしようとするよりも、悪いことをしないように心がける」

私はこれを聞いて、悟りを開いた修行僧の気分になりました。
どういう意味かというと・・・人付き合いの中で、たとえば、10年も一緒にいる親友でも、ほんのちょっとした悪いことが原因で関係がダメになることってありますよね。軽い冗談のつもりで、悪口言ったりしたら、絶交されたとか。
つまり、人間は、どんなにいいことをいっぱいしても、たった一つの悪いことをしただけで、すべてがパーになる、ということです。
人間って、たくさんいいことをされても、あまり覚えてないけど、悪いことや、嫌なことをされると、たった一つだけでも、ずーっと記憶に残るじゃないですか。

なんだ、そんなの当たり前じゃないか、と言われそうですが、そのことを、簡潔明瞭に、一言で表したのは初めてだったので、とても感動したのです。
しかも、良いことをする、を優先させるのではなく、悪いことをしないようにすることを最優先させなさい、と言っているのが、新しかったです。
ほんのちょっとした違いでしかないんですが、何よりも、相手を思いやる心を持つことが大事である、と教えられました。

私などは、良いことをしよう、という気持ちはありますが、悪いことをしないようにしよう、という心構えが欠けているので(苦笑)、これからは、第一に、悪いことをしないように、と考えて行動しようと思いました。

posted by あまのめぐみ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月26日

BACKSTREET BOYS

010 I Want It That Way
011 As Long As You Love Me
012 Show Me The Meaning
013 I'll Never Break Your Heart
014 Shape Of My Heart
015 The One
016 Drowing

くわしい説明は必要ないと思います。
単純に曲が好きです。
ベストアルバムから選曲してみました。

iPodの発売日が決まってから、最初はCoccoの曲、と決めていて、次はどうしようか考えていたとき、彼らの曲が頭から離れず、それで、2番目はBACKSTREET BOYSで行こうと思いました。

・・・実は今日、彼らの来日公演が9月にあることを知りました。
ずっと曲が頭から離れなかったのは、このことを予言していたのかも。
次は、超有名な、あるグループの曲を入れようと思っています。
posted by あまのめぐみ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細木数子はプロ失格。

私はプロの占い師として、プライドを持っています。
大したプライドではありませんが、それでも、ここだけは絶対に譲れない、という領域があります。
それは、占いというものは、あくまでも占いにすぎないので、そのことを相手に押しつけてはいけない、というものです。
たとえば、恋愛の相談をされて、別れた方がいいか、ということについて占いをして、別れた方がいい、という結果が出たとします。
ここで、実際に別れるかどうかは、その人しだいです。
占い師にはそれを実行させる権利も義務もまったくありません。
あくまでも、占いは道しるべにすぎないのですから。
ですが、中には、自分の占いを絶対だと信じて疑わないあまり、結果を押しつける人がいます。
私も占いには自信ありますけど、それは、自分の中にとどめておけばいいだけのことで、わざわざ自慢したり、偉ぶったりするようなことではないと思っています。
・・・先日、以下のような出来事がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040723-00000012-ykf-ent

細木数子、といえば確かに有名で人気ありますけど、だからといって、占い師として、やっていいことと悪いことの区別がつかないようでは、アマチュアと同レベルだとしか言いようがありません。
結果を押しつけるだけでも大問題なのに、私が地獄へ送る、と相手を脅迫するなど、言語道断です。最低です。最悪です。

基本的に他の占い師が何をしようと、私は気にしてませんが、さすがにこれには頭に来ました。
本人に会うようなことがあれば、こう言います。断言します。
「あんた、何様のつもり!?」
posted by あまのめぐみ at 22:58| Comment(7) | TrackBack(0) | めぐは占い師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月25日

暑くてイライラ

今日は最悪でした。
気温が33度もあると、暑くてイライラする人が周囲に多くなります。
私はふだんから暑いのに慣れるように、エアコンの利用を避けるなどしているので、ちょっとやそっとじゃへこたれませんが、イライラしている人がいると、なんだかこっちもイライラしてしまい、結果的に、よけい暑くなってしまいます。

今日みたいな日は仕事を早めに切り上げて、日記書いて寝よう、と思ったのですが、今の時間になって、ものすごい雨になってます。
そういえば、ニュースで豪雨になるって言ってたような・・・。
雷も鳴ってたし。
その影響か、回線がやたらと切れます。まあ、こんなむちゃくちゃな天気の日なんだから、仕方ないと思いますが。

それにしてもすごい雨・・・。今日は早めに寝ます。
posted by あまのめぐみ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月24日

iPod mini 見参!

本日、無事にiPod mini(グリーン)が到着しました。
心配されていたカラーリングは、写真で見るイメージ通りだったので、安心しました。
ざっと取扱説明書を見ましたが、よくわからないので(苦笑)、とりあえずMacと接続して、曲をダウンロード。
えーと、やり方がよくわからない・・・と思っていたら、いつのまにかiPodに曲が入ってました(笑)。
じゃあ、聞いてみましょうか、とイヤホンをセットして、再生しようとしましたが・・・細かい使い方がさっぱりわかりません。
説明書を読んでみましたが、そもそも、何をどうすればいいのかわからないので(汗)、実戦で覚えるしかないと思い、適当にあれこれいじくって、なんとか理解しました(笑)。
さすがアップル(米国)の製品だけあって、日本の家電製品では絶対にありえないような操作系。
特に、クリックホイールには驚きを隠せませんでした。
一見、携帯電話にあるような十字キー&ボタンに見えますが、中央のボタンが、ノートパソコンのトラックパッドみたいな仕様になっていて、すすすっと指をなでるように上下に動かすと、メニューのカーソルが移動するのです。これにはかなり驚きました。慣れないと、操作が大変かも(苦笑)。

そして、別の記事にあるように、Coccoの曲を入れたので、聞いてみましたが、あら、非常に音質がいいじゃありませんか。
付属のイヤホンはちょっとアレですけど、市販のをセットしたら、CDで聞くのと比べても遜色ないくらい、いい音でした。
まあ、マニアな人にはいろいろ言いたいことはあるかもしれませんが、私には十分すぎるくらいの高音質で、非常に満足です。

まだ買ったばかりなので、なにかと苦労しそうですけど、楽しみが増えました。
今後は、カテゴリ「iPod」に、ダウンロードした曲を、随時のせていく予定なので、よかったらのぞいてみてくださいませ。
posted by あまのめぐみ at 21:52| Comment(7) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえずCocco

001 風化風葬/Cocco
002 Dream's a dream/Cocco
003 羽根〜Iay down my arms〜/Cocco
004 樹海の糸/Cocco
005 焼け野が原/Cocco
006 ポロメリア/Cocco
007 星に願いを/Cocco
008 けもの道/Cocco
009 強く儚い者たち/Cocco

最初ということで、Coccoの曲を入れてみました。
Coccoって、好きな人は大好きだろうけど、嫌いな人はまったく受け付けないと思います。それくらい個性の強い人なので。
なにせ、今の時代にあって、インターネットが嫌いと公言してはばからないような人ですので。
今は音楽活動は休止していて、絵本作家をしています。

公式サイトはこちら
http://www.cocco.co.jp/contents/index.html
posted by あまのめぐみ at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月23日

夏の夜の惨劇

それは、きのうの夜のことでした・・・。
寝る前に、アイスでも食べようと思って、冷蔵庫をあけたら、ふにゃふにゃになったアイスが出てきました。
あれ?
と思って、確認したら、冷凍室にある氷もかなり溶けかかっていて、これはマズイのでは? と思って、別の冷凍室を見たら、やっぱり凍ってなくて、あわてて、別の冷凍庫(冷凍専用)に、移せるだけ移しました。
冷蔵室の方は大丈夫のようだったので、最悪の事態までは至っていなかったのですが、
今日、店から帰ってきたら、冷蔵庫も死んでました・・・。
台所のテーブルの上に、冷蔵庫のカタログがあったので、買い換えるみたいですけど、こんな暑い日に冷たい飲み物がないのは不便・・・。
しょうがないので、熱いお茶を入れて飲みました。
中途半端にぬるいよりは、熱いのを飲んだ方がましです。
飲んですぐ、汗がたくさん出ましたが、今は落ち着いています。

それにしても、梅雨があけたとたん、これですか・・・。
それでも、8月の猛暑の時に冷蔵庫が壊れなくてよかった、と、良い方向に解釈することにしました。
posted by あまのめぐみ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

冷風扇

本日、山形の方も梅雨明けしまして、本格的に暑い季節に突入です。
今年はかなり暑いみたいなので、暑さ対策として、冷風扇を購入しました。
実は、買うって話したら、周りの評判はかなり悪かったのですが(苦笑)、私は自分で確認しないと気が済まないので、買ってしまいました。
・・・万が一のために、一番安いのをさがして、ですが(笑)。

それで、実際に使ってみた感想ですが・・・。
「私は好きだけど、他人にはおすすめできない」
という感じです。

冷風、といっても、扇風機よりはちょっとだけまし、という程度のもので、エアコンみたいなのを期待すると、破壊したくなると思います。
夕暮れから夜にかけて、ふっと、涼しい風が窓の外から吹いてくる、そんな感じの風です。
なんというか、わびさびの世界です。

私の場合、エアコンの「冷たさ」が苦手なので、冷風扇くらいがちょうどいいみたいです。
posted by あまのめぐみ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月21日

土用の丑の日

わたしはうなぎの蒲焼きが大好きです!
年中食べていたいくらい大好きです(笑)。

そういうわけで、今日は待ちに待った土用の丑の日でした。
もちろんうなぎの蒲焼きを買って食べました。
2日前も食べてました(笑)。

蒲焼きって、どうして「かばやき」なの? という疑問が生じたりしますが、私が小学生の時に読んだ本に書いてあったのですが、蒲焼きは、焼き始めると、すぐにいい香りがするから、「香りが早い=香早(かば)焼き」からきているという説と、蒲焼きの見た目が、白樺の木に似ているから、という説があるそうです。
くわしいことは、忘れてしまいましたが(苦笑)。

なんにせよ、土用の丑の日、なんてイベントがあるおかげで、おいしいうなぎがいっぱい食べられるのは嬉しいことです。

スーパーなどに行くと、国産と輸入品のうなぎがあります。一般的には、国産がおいしくて高い、輸入のは味は落ちるけど、安い、というイメージありますが、両方食べた私なりの見解としては、国産は、やわらかく、淡泊な味わい。輸入品の方は、皮が堅く、食べにくいけど、濃厚な味、ということで、どっちも一長一短かなー、と思いました。

ちなみに、私は山椒は使わない派です。
posted by あまのめぐみ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月20日

my思考回路

いつもいつも、日記に書く内容を考えて、一つだけ選んで書くようにしてますが、シリアスな内容と、ギャグをバランスよく書くように心がけてます。
なので、今回は、ちょっとバカな話を。

私はいつも変なこと考えてますが、今日はこんなことを考えてました。

1:ラジオで「レストランで一番高いワインと一番高い料理」と言っていた→
2:一番高いのってなんだろう、と考え・・・思いつかなかった→
3:でも、そば屋とかだと決して一番高いわけでもないただの「ざるそば」を食べて感動するわけだから、高い=おいしいは当てはまらないような・・・→
4:結局、値段の高い安いなんて、材料の仕入れ価格から決まってくるわけだから、それが直接おいしさに直結するわけじゃない→
5:メニューの値段に関係なく、どんな料理を食べても、最高においしいのがベスト。

ここまで考えて、自分に「だから何?」とつっこみいれたくなりました(笑)。
私の思考回路はこんな感じです(苦笑)。
posted by あまのめぐみ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月19日

透視で事件を捜査!

行方不明になっている女性を、ヨーロッパの超能力者が遠隔透視で探す、というのをTVでやっていて、少し見たんですが、なんとも複雑な気分になりました。

まず第一に、やっている方は大まじめなのはわかるのですが、他人の不幸をネタにした番組作り、というのってどうなの? というのがあります。すでに犯人が検挙されて、事件の全容が明らかになっているようなものならまだしも、今も捜査中の事件をとりあげるのって、どうもすっきりしません。
TVで大きく取り扱うことで、有力な手がかりを得られれば、という思いから作られた番組だというのはわかりますけど、ダメでもいいや、という感じがして、なんだか嫌なんですよね・・・。

それと、私自身占い師なので、よくわかるのですが、他人の不幸なことや、悲しいことを知ってしまうというのは、非常に気が重いです。
今回のケースのように、殺された可能性が高い、という内容は特にそうでしょう。
私なんか、占いしていて、その人の悩みを聞いたり、苦労した話を聞くだけで、自分のことのようにとらえてしまい、ものすごく落ち込んだりしますが、もし、殺人事件とかが関係するようなことであれば、占い師やめたくなると思います。

あと、前述したことと矛盾しますが、私にできることってないかなあ、とも思いました。
ヨーロッパに住んでいる人だと、さすがに日本にきて協力するのは難しいでしょうけど、日本に住んでいるなら、何かできるのでは? と思います。

このように、犯罪捜査をTVで扱うことは如何なものか、という疑問と、それらに関わってしまうことで、自分が感じる苦悩、そして、できることなら力になってあげたいという思い、の3つが交錯して、混乱してました。
どんな形にせよ、早く事件が解決してくれればいいのですが・・・。
posted by あまのめぐみ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐは占い師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月18日

世界で一番おいしい食べ物

人によってちがうと思いますが、私は今まで生きてきて、一番おいしいと思ったのは「そば」です。
あまりのおいしさに、言葉を失ってしまいました。しかも一度ではなく、2度あります。
最初は近所のそば屋で「鳥ざるそば」を食べたとき。普通のざるそばに、鳥のささみがついてるだけなんですが、これがものすごくおいしかったです。
そば自体のおいしさもありますが、鳥のささみが、ただゆでてあるだけなのに、「今まで食べてきた鳥肉って一体なんだったのだろう?」と思うくらいおいしく、素材がちがうとこうも違うのかと、感心することしきりでした。
2度目は、仕事で少し遠くにでかけたとき、たまたまごちそうになったざるそばです。
そのときは、2人でいたのですが、食べたとき、あまりのおいしさに、おたがい顔を見合わせて、笑ってしまったくらい、おいしかったです。

日本中、そして世界中を渡り歩けば、もっともっとおいしい食べ物はあるのでしょうけど、普通に生きてきて、しかも地元で、言葉を失うくらいおいしい食べ物に巡り会えたということは、私にとってはこのうえない幸せです。
今日は、家にあったそば(普通の乾麺)をゆでて食べたので、ふとそばのことを書いてみたくなり、書きました。
秋頃になったら、また思い出のそば屋に行ってみようと思います。

posted by あまのめぐみ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月17日

Lの魔法使い 第10話

「あたし? レズだよ。世界一のレズだっていう自信あるかなー」
 琴乃はそう言うと、美佳に顔を近づけて、激しくほおずりした。
「ワッキーみたいなかわいい子見てると、もうもう・・・」
「せ、先生・・・」
 美佳は、嬉しかった。レズとかそうでないとか、そういうのを抜きにして、自分のことをそんなに可愛がってくれる人は、琴乃がはじめてだったので、母親にあまえる子供のような気分で、このまま、されるがままにしているのも悪くないような気がしていた。
「ワッキー、好きよ」
 琴乃は美佳の耳元でささやいた。
 美佳は小さくうなずくと、琴乃の体をそっと抱きしめた。
(なんだろう・・・すごく安心する・・・・・・)
 まるで、ここが自分の本来いるべき場所で、そこにようやくたどり着けたような、そんな、安らいだ気持ちになる。美佳は自分でも気がつかないうちに、眠りに落ちていっていた。
 琴乃は、美佳が寝入ったのを確認すると、上になったまま、しばらく、美佳の髪をなで続けた。
「ホント、いい子ね・・・」
 琴乃はそうつぶやくと、美佳から離れ、そおっと、足音を立てないようにして、居間から出て行った。

つづく

posted by あまのめぐみ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書きかけの小説とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月16日

Re:ジェンキンスさんの件で

Dear Megumi

先日はおいしいさくらんぼいただきましてありがとうございます。
さて、メールでの問い合わせの件ですが、合衆国としましても、本来であれば、ジェンキンス氏の訴追問題に関しては、不問としたいところなのですが、諸般の事情により、そういうわけにもいかないのです。

というのも、我々としては、ジェンキンス氏に是非とも合衆国に帰国していただき、「北朝鮮の思い出話」をしてもらいたい、と考えているのですが、北朝鮮側の付き添いの方が同行しているため、思うように話せないようなので、それならば、脱走兵としてしかるべき場所での裁判、という形で合衆国に来てもらい、その上で、「北朝鮮の思い出話」をしてもらった方が、北朝鮮を刺激せずにすみ、米軍のメンツも保てますので、そのほうが得策だろうと判断したのです。

そのため、日本側には悪い印象を与えておりますが、訴追問題はあくまでも形式的なものでして、ジェンキンス氏から、有益な情報・・・いや、「北朝鮮の思い出話」をしていただいた上で、日本に永住してもらう予定なので、どうかご理解いただきますよう、お願いします。

アメリカ合衆国大統領 ジョージ・ブッシュ

追伸 秋頃になりましたら、私の農場でとれるジャガイモやトウモロコシを送らせていただきます。どうぞご賞味ください。
posted by あまのめぐみ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月15日

ポアロとマープル

日曜の夜、NHK総合テレビで、素敵なアニメをやってます。
実はミステリーが好きな私としては、見なければと思い、いつものように録画! リアルタイムでちゃんと番組を見ることなどない! そんな暇があったら家事しないと!
というわけで、録画しておいたのを見ました。
エルキュール・ポアロにしては、髪がフサフサで、これはアガサが見たらがっくりと肩落としそう・・・なんて思っていたら、
「声:里見浩太朗」
ええええええええええええっ! 一体HNKはどういう理由で声優を選んだのでしょう。
いや、あの、里見さんが悪いわけではないです。でも、違和感ありすぎのような・・・。
以前、里見さんがTVドラマ(現代劇)に出演していたとき、普通の髪型で、洋服を着ているのを見て、ショックを受けた私としては(苦笑)、なぜゆえに、エルキュール・ポアロ? と思ったのです。
でも、なかなかよかったですよ。名前知らなければ、そんなに気にしないで見られますから。
きっと、役者としての幅を広げたかったのと、単純にアガサ・クリスティーのファンだったのでしょう(勝手に断言)。

それに、松平健さんの「マツケンサンバ」に比べればねえ(笑)。
そういうわけで、皆さんも一度ご覧になってみれください。
posted by あまのめぐみ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。