2007年02月28日

暴君ハバネロ〜禁断のタイ篇〜

中身も見える写真は→コチラ

すっかり恒例になった、暴君ハバネロの新作レビューですが、今回は「タイ」篇です。
今回から改良を加えられて、形がただのリングから、ギザギザ形状のリングに変わっています。
さて、前回のガーナ篇の時、次回はピザ味のイタリア篇? と予想しましたが、見事に外れました(苦笑)。
タイ篇はエビチリ味で、なんとドリアンが隠し味として使われています。ドリアンを食べた事がないので、使われていてもわかりませんが(苦笑)。
食べた感じは、なんというかマイルドで、「辛い」よりも「ウマい」が優先する感じでした。辛さの奥に、ほんのり甘さも感じられたりして、これがドリアン? なのかもしれません。でも、食べた事ないので断言はできませんが。

通常の暴君も少し味が変わったということで、買って来たのですが、それはまた機会があれば書こうと思います。
次回は…スイス篇で、隠し味がチーズ、と予想しておきます。
posted by あまのめぐみ at 23:27| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

ヤンキース・松井秀が写真家デビュー?!

元記事は→コチラ

というニュースがありました。
記事によると「2月上旬に都内で入門者用のデジタル一眼レフカメラとプリンター、メモリーカードなどを合わせて約20万円で購入」とのこと。
値段から推測するに、ニコンのD80、キヤノンのキスデジX、ペンタックスのK10D
あたりだと思うのですが私の予想はD80。

松井さんって、趣味らしい趣味がなかったということで、これが本格的な趣味になるみたいなんですが、やっぱり世界で活躍するような人は、四六時中野球ばっかりなんですね…。逆に言えば、そこまでやらないと、世界レベルまでたどりつくことは出来ないとも言えます。
野球に限らず、ひとつのことをとことんまで努力する人は素直に尊敬できます。私も見習わないと…。
posted by あまのめぐみ at 22:29| 山形 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

山チョコフレーク

いつもの…写真は→コチラ

わさび味のチョコフレーク…という、普通に考えたらありえないようなチョコフレークです(苦笑)。
似たような物に、柿の種+チョコや、ぬれおかき+ホワイトチョコ、というのがあるのですが、わさび+チョコフレークというのは初めてで、これはぜひ食べてみなくては! と思って買ったのですが…
正直、微妙、としかいいようがない味です(苦笑)。辛子系の辛さとチョコレートは合うと思うのですが、わさびの辛さとは合わないようです。
これはチョコフレークだからそう感じるのであって、板チョコにわさびを練り込んだらまた違うのかもしれませんが、罰ゲームっぽく感じますね(笑)。
いずれにせよ、これは失敗作かな…と私は思いました。

ちなみに、わさびは漢字で書くと「山葵」と書くそうです。
posted by あまのめぐみ at 22:30| 山形 | Comment(7) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

オーシャンズ11

何年も前に録画しておいた映画今日見ました(シリーズ?)。
この作品に関しては、とりあえずハリウッドの大物俳優がたくさん出演しているということで話題になりましたが、私は、そういうことあまり気にしないので、普通に映画として見たのですが、それなりに面白かったと思います。
オーシャンという泥棒が11人の仲間と一緒に金庫破りをするという話で、全員に見せ場が用意してあるせいか、ちょっと散漫な印象はありましたが、ただ泥棒する過程を見せるのではなく、観客をあざむきながら展開して行く演出はとても気に入りました。
そういう意味では、わざわざ大物をそろえるのではなく、もう少しストーリーを重視した構成にしていればもっと良かったかなと思います。
最後まで見ると、すごく中途半端な終わり方をしていて、いかにも「つづく」という感じなのですが、実際にオーシャンズ12という、正統な続編がありますから、そっちも見なくちゃいけないんでしょうね。
オーシャンズ12が録画してあったかどうかは覚えてませんが(苦笑)。
posted by あまのめぐみ at 22:48| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

Xbox 360 ライオットアクト・プレイ日記

公式サイト(18禁)→コチラ

このゲームのプレイ日記を書いて応募するとプレゼントがもらえる…という理由で、少しプレイして感想を書こう、と思っていたのですが、面白すぎてやめられなくなってしまいました(苦笑)。
このゲームは「グランド・セフト・オート」(GTA)シリーズの生みの親が手がけた新作ゲームで、GTAに似ていますが、実際にプレイするとかなり感覚が違います。
プレイヤーは、パシフィックシティという、犯罪組織に支配されてしまっている都市に平和を取り戻すために、作られた改造人間(エージェントと呼ばれる)で、超人的な能力を持つという特徴があります。
どのくらい超人的かというと、最初のうちは割と普通なんですが、戦って行くうちにレベルアップしていき、ものすごく高いところまでジャンプできるようになって、ビルの屋上を飛び回って移動できるようになったり、車を持ち上げてぶん投げることが出来るくらいのパワーを身につけたりと、スーパーヒーローと化していきます。
相手は犯罪者なので、銃で撃ちまくったり、車で跳ね飛ばしたり、キックで倒したりと、とにかくどんな手段を使っても問題ありません。
相手が何人出てこようと、こっちはちょっとやそっとじゃやられないくらいのパワーがあるので、犯罪組織の幹部がいるアジトのゲートを手榴弾で破壊して、車で突撃し、銃で組織の構成員をやっつけて、幹部を蹴りまくって抹殺…と、文字では伝わりにくいのですが、実際にプレイすると、ハリウッド映画みたいなすさまじいアクションが繰り広げられます。
少しだけプレイの予定が、面白くて、一つの街の犯罪組織を壊滅させるまでプレイしました(笑)。
今は2番目の街で戦っていますが、ここからが本番なんじゃないかと思うくらい、敵の攻撃が激しく、まだまだ戦いは続きそうです…。
posted by あまのめぐみ at 23:08| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

カップヌードルマイルド

写真は→コチラ

ワイルドの翌日に食べる予定が、ずいぶん遅くなって今日食べました。
「まろやかクリーミーチキン味」ということで、期待していたのですが、食べてみると
シチューにラーメンを入れたような味で、確かに「クリーミーチキン」といえばそうなのですが、どうにも中途半端な感じがして、正直、一回食べればいいかな、という感じでした。
ワイルドの時は、スパイシーな感じがかなりよかったので、ちょっと残念です。
好みの問題といえばそれまでなんですが(苦笑)。
posted by あまのめぐみ at 22:22| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

Last message

今年もこの日がやってきました。
あっこちゃんの誕生日です。
彼女の事を書くのは今回が最後になると思います…。

去年の11月にスクライングミラーという、魔術用品の鏡を購入し、なにやら色々と見えるということだったので、あっこちゃんの姿を見せてほしいと願ったのですが、無理でした…。

そのあと、どうしてもあっこちゃんのことが気になって仕方がなく、何気なくエンジェルカード2を引いてみたら、Sonyaのカードが。
カードにはこう書いてあります。
I bring you a message from your deceased loved one:
I am happy, at peace, and I love you very much.
Please don't worry about me.
涙が出ました。エンジェルカードで泣いたのは初めてです。
私の心を見抜いたかのようなメッセージでした。

そして、12月になって、アンディ・レイキーの天使の絵を手に入れました。
絵に向かってお祈りしながら、「あっこちゃんは今どうしていますか?」とたずねたら、何かが目の前を横切ったような感じがして、頭の中に、「彼女は天使になりました」というメッセージが浮かびました。

1月に入り、アントニオ猪木さんのブログの中に、こんな記述を発見しました。

俺のおふくろが死んだ時に、おばさんが(姉さん思いの妹だった)言った。「姉さんは天使になって飛んでったよ」っと言うその一言を俺は聞いて、死というものに対する悲しみが癒されたと言うか安らいだと言う経験を持っている。
元記事は→コチラ

あっこちゃんは今日も天使として忙しく飛び回っている事でしょう。
posted by あまのめぐみ at 21:58| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

バリファックス

バリファックスの画像→萌える闘魂

歯が痛くてどうしようもなかった、今日の午前中。
ウォーリーボックスに「歯が痛いのがなおりますように」って書いていれておいたのに効果ないし、もう天使なんか信じない!ってイライラしていたのですが(苦笑)、昼休みに痛み止めを買いに行く事で、この危機を乗り越えました。
ふだん、痛み止めなどはまったく使わないので、どれを買っていいかわかりませんでしたが、「歯痛」と書いてあったので、「バリファックス」という薬を買いました。
そのとなりには「バファリン」があったのですが、バリファックスの方は値段が半分くらいだったので、迷わずそっちを購入(笑)。
飲んで30分もしないうちに、痛みがひいていって、まったくなんともなくなりました。こういう薬って効果すごいんですね…。

どうでもいいことですが、ずっと「バファリックス」だと思っていて、「オリックスバファローズ」のパロディみたい、と思っていたら…「バリファックス」でした。写真撮るまで気がつかなかったです(苦笑)。

posted by あまのめぐみ at 22:07| 山形 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

音波振動歯ブラシ

写真は→コチラ

使っていた歯ブラシがダメになってきたのと、歯が痛いのが重なったので、前から気になっていた電動歯ブラシを買ってきました。
音波振動歯ブラシということで、なんとなく良さそうな感じがしたので選んだのですが、実際に使ってみたところ…
ものすごく細かい振動で、軽く歯に当てるだけでいいので、これでちゃんと磨けているのかな? と不安になりましたが、効果は抜群でした。指でこすってみたら、キュッキュッと音がしましたので、かなり磨けているようです。
試しに、水につけてやってみたら、振動で細かい波が立って、ちょっとびっくりでした。
大きいので場所を取るというのが難点ですが、簡単に、しかも確実に磨けるので、これはもう手放せないような気がします。
posted by あまのめぐみ at 23:44| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

ディナープロレス

みちのくプロレスの徳島大会に曙さんが参戦するそうです。
みちのくは小柄な選手多いから、曙さんと同じリングの上に立ったら、ものすごく大きく見えそう…。
しかも対戦相手に野橋真実選手の名前が…彼は身長が156cmと、普通に考えたらプロレスラーとは思えないくらい小柄な選手なので、余計曙さんが大きく見えそうです(汗)。

さて、今日の本題は「ディナープロレス」なんですが、先日、みちのくプロレスのメルマガに、「ディナープロレス開催決定!」と書いてあって、東京あたりでやるのかな〜、私には関係ない話だわ〜とか思っていたら、「山形県鶴岡市」と書いてありました。すぐ隣です(汗)。
これは、見に行くしか! と思ったのですが、去年の10月に、試合を見に行くつもりでチケット購入したら法事で行けなかったということがあって、少々トラウマになっているので、ちょっと迷っています。
ディナープロレスという性質上、人数制限がありますので、当日券で入る、ということは無理そうなので、早めにチケット買っておかないといけないのですが…。
ちなみに開催日は3月10日の土曜日なので、行ったらここで報告しようと思います。
posted by あまのめぐみ at 23:12| 山形 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

エンジェル・ナンバー 数字は天使のメッセージ

「短期間のうちに何度も、同じ数字の組み合わせを目にしたら、それは、あなたにとって大切な意味が秘められているのです」

今日は本の紹介です。この本はエンジェルカードの制作者としておなじみのドリーン・バーチュー博士の書いた本で、ダイヤモンド社から出版されました。
中を開くと、00から999まで、数字がずらりと並んでいて、ひとつひとつに、その数字に秘められたメッセージの内容について解説してあります。
パラパラとめくると、いったいこれはどういうふうに解釈していいのかわからない本だと感じるのですが(苦笑)、気になった数字のところをひらくと、なんとなく理解できました。

私は、牛丼のすき屋のCMなどで「299円」という数字を良く目にしていたので、これも意味あるのかもしれないと、半信半疑で299のところを見てみたら、

「まだ準備が整っていない、あるいは資質がないと感じても遅れずあなたの使命についてください。あなたの愛と光は(それが大きくても小さくても)世界の役に立ち、今必要とされています」

と、書いてありました。大げさな感じもしますが、これを見たとき、ドキッとしたんです。自分の中で掲げている目標はあっても、なかなか前に進めず悩んでいたので、そんな自分の心を見透かされたような気分でした。
やっぱり意味あるんですね…。数字って意外と気にしてませんでしたが、この結果を見て、なるべく気に留めようと思ったのでした…。
ラベル:天使
posted by あまのめぐみ at 20:01| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天使&オラクルカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

夢占い(カニ篇)

夢の中にカニが出てきました。
一般的に、夢の中にカニが出て来たといえば、たくさん食べたとか、そういうことなんでしょうが、出て来たのは、ズワイガニ? みたいな大きいカニで、どういうシチュエーションで出て来たのか覚えてませんが、食べるのではなく、家の外につまみ出そうとして指をはさまれて痛い思いをするという夢でした。
しかも、そこで終わりではなく、そのあと別の場所にまたカニがいて、それも家の外につまみ出そうとして、今度は足をはさまれて痛い思いをするという…。

なぜカニが出て来たのか、まったく思い当たるふしがないので、夢占いの事典で調べてみたら…仕事や恋愛でライバルが出現する、という感じの暗示でした。
これが当たっているかどうかはともかく、カニが出てくるとライバル出現、というその解釈が不思議です。
posted by あまのめぐみ at 22:52| 山形 | Comment(5) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

アイドルマスターへの道 2

アイドルマスター公式サイト→ココ

第一章「リコ」編 その2
律子をプロデュースすることになった時、プロダクションの社長から、ユニット名を決めるように言われました。
一人なのにユニットというのも変なのですが、このゲームは3人までのユニットをプロデュースできるので、そのためユニット名を決めるのだろうと思い、芸名ということで名前を考えました。
「秋月律子」→「あきづきりつこ」→「りつこ」→「リコ」ということで、「リコ」に決めました。
この時点では、ゲーム内容をよく把握していなかったので、彼女のことは「歌がうまい」くらいにしか考えていなかったのですが、今になってよく調べてみると、歌は10人中ナンバ−2の実力があり、ダンスもトップクラス、ビジュアル面はやや劣る物の、それでも水準以上と、アイドルとしての実力はかなり高いことがわかりました。
ただ、キャラクターのパラメータが低く、テンションの浮き沈みが激しいため、それで苦労させられました。
頭が良いのはいいのですが、自分の考えという物をしっかりと持っていて、そのため、衝突することが多く、それで最後まで苦労させられたものです。

つづく


posted by あまのめぐみ at 22:29| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

みんなで投票チャンネル

Wii公式サイト→ココ

何の前触れもなく、きのうから突然Wiiの新しいサービスが開始されました。
これは、二者択一のアンケートに投票して、その結果を見て楽しむ、というもので、夕べ投票した「うどんとそば、どっちが好き?」というアンケートの結果が出ていましたので、見たのですが、わずかな差で「うどん」の方が多かったです。
わたしは「そば」に投票したのですが…。どっちが多いか予想をすることも可能で、こっちは「うどん」にしたのですが、正解でした。
単なる結果だけではなく、地域別、男女別の投票結果も見る事が出来て、東日本はそば、西日本はうどん、というふうに明確にわかれていたのが興味深かったです。
男女別では、男性はほぼ50%で、女性がうどん60%、そば40%という感じでした。
すごく単純な内容なんですが、かなり面白いと思いました。Wii本体だけでできますし、無料というのも魅力です。
実はWiiって、ゲーム以外のこういう部分が一番面白いんじゃないかという気もしてきました(笑)。
次回のアンケートの結果発表も楽しみです。
ラベル:Wii
posted by あまのめぐみ at 22:54| 山形 | Comment(3) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

アンチバレンタイン

ニュース記事は→コチラ

今日はバレンタインデーなので、関連したことを書く事にしました。
何やら世界中で「反バレンタイン」の動きがあるとかで、日本でも渋谷でデモ行動を起こす人達がいたり、ずいぶん盛り上がっているみたいです。
そんなに嫌なら無視すればいいだけだと思うんですが…。
わざわざアンチバレンタインを標榜したTシャツなどを作って販売するというのは、単にバレンタインにのっかって金儲けしようとしているだけのような気がします。
それよりも、いつのまにか「恋人とすごす日」になってしまったクリスマスをどうにかしたほうがいいいんじゃないかと…。

ちなみに私はバレンタインデーは肯定派です。
単純にチョコレートが好きなので(笑)。
posted by あまのめぐみ at 21:41| 山形 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

カップヌードルワイルド

萌える闘魂に写真アップしておきました→ココ

買い物に行ったら99円で売っていたので、ワイルドとマイルド、ゲットしてきました。
とりあえずワイルドの方を試してみたので感想を。
「ホットチリペッパー味」と書いてあったので、辛いのかなーと思っていましたが、思ったより辛くはなかったです。いい感じでスパイシーで、なかなかうまい味付けだと思いました。個人的にはオススメですね。
意外とありそうでなかった味わいで、一度くらいは試してみる価値はあると思います。
明日はマイルドの方をためしてみようと思います。
posted by あまのめぐみ at 22:53| 山形 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

戦場のピアニスト

詳しい情報はココを参照してください。

この映画、地上波で数年前に放送されたのを録画しておいて、ずっとほったらかしだったのを今日になってやっと見たという…。
詳しい内容はリンク先を参照してもらうとして、物語の中で詳しい状況説明やナレーションがないため、何がどうなっているのかよくわからず、戸惑う部分もありましたが、それがかえってリアルな感じがして、なんともいやーな気分になる映画でした。
いやーな気分、といっても、作品がダメとかではなく、ナチスドイツの軍人が意味もなくユダヤ人を選び出して、いきなり銃殺するとか、そういうシーンが多く、それでいやーな気分になりました。
ただ、実際にあった出来事ですし、変に誇張する事なく、淡々と描かれているため、余計にいやーな感じがして、人はなぜこんなに簡単に人を殺せるんだろう…と、ずっと眉をひそめながら見てました。
物語の最後の方まで、なぜ「戦場のピアニスト」というタイトルなのか良くわかりませんでしたが、ラストの方でピアノを演奏するシーンで、納得させられました。

…それにしても、戦争という国と国の争いの中では、個人というものは本当に小さな存在で、たとえ良い事をしてもナチスドイツの軍人である以上「悪者」であり、自らの保身のために同胞のユダヤ人を傷つけても「弱者」という、大きな枠の中で語られてしまうというのは悲しいことだとも思いました。
posted by あまのめぐみ at 19:51| 山形 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

そのまんま日記

そのまんま日記は→ココ

今や時の人になってしまった、宮崎県の東国原知事の日記サイトです。
タレント時代はあまり好きではありませんでしたが、知事になってからは、本当に一生懸命がんばっていると思います。
長野県みたいに、ダム建設反対の田中知事を追い出して、結局ダム作っちゃうぞ、みたいなことにならないといいのですが…。
やっぱり有名人が政治の世界に行くと、どうしてもそっちに話題が集中してしまいますが、これがもし、対立候補だったナントカさんだったら、宮崎県では鳥インフルエンザで大変…ということで少し話題になる程度で終わっていたと思います。
今まで注目されることがなかった部分にスポットが当たる事で、見えなかった部分が見えてきますから、それこそ、日本の歴史はあの時から変わって行った、くらいのことを言われるくらいのことをやってほしいと、東国原知事には期待しています。

…そういえば、岩手県の知事選に「あの人」が立候補すると言っているんですが、こっちはどうなるんでしょうねえ…。当選したら、「世界初の覆面知事」誕生!?
posted by あまのめぐみ at 22:39| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

デトロイト・メタル・シティ

DMCの公式サイト→ココ

もう、「バカ」としか表現のしようがない、最高のマンガです。前から気にはなっていたのですが、今日になってやっと単行本を購入したので、日記に書く事にしました。
このマンガは、ふだんは気弱でポップな音楽が大好きな男の子が、なぜかデスメタルの帝王として大人気になってしまい、そのギャップに苦悩しながらも、ますますエスカレートしていく…という内容で、とにかくそのギャップが笑えます。
どうしてこんなに面白いのか、自分で考えてみたのですが、主人公の根岸崇一くんは、普段は気弱なのに、メイクをしてクラウザーII世になると、まったく正反対の人格になってしまう、その「変身」が面白いのだと思います。
プロレスにおけるヒール(悪役)の選手も、ふだんはものすごくまじめでおとなしかったりする人が多いのですが、いったんリングにあがると極悪非道の限りを尽くしていて、ちょうどそんな感じなんですね。
根岸くんは、ふだんの生活の中で感じたストレスを、クラウザーII世になることで発散してる…そういうのは、普通の人が、酒を飲んでよっぱらうと別人になるみたいなもので、誰にでもそういう二面性があるように、根岸くんに自分自身の姿を重ね合わせているのかなとも思います。
ふだんの時と、変身したときのギャップが大きければ大きいほど、その落差が面白いわけで、このマンガはそれを見事な形で表現しているので、「すごい」とか「怖い」とかを通り越して「笑」しか出てこないという。
かつてこの手の作品といえば、「変態仮面」や「ラジコン・キッド」、「ゴージャス☆アイリン」という作品があったのですが、まさに21世紀を代表する変身系のマンガとして、後世に語り継がれる作品になると思います。
posted by あまのめぐみ at 20:55| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

アイドルマスターへの道

アイドルマスター公式サイト→ココ

このゲームに関しては、何かプレイ記録を残しておかなければいけないような、そんな意味不明な使命感を抱かずにはいられない何かを感じたので、今回から色々書いておくことにしました。

とりあえず、一番最初にプロデュースした女の子の思い出について書くことにします。

第一章「リコ」編
とにかくネットや雑誌などで予備知識をいれないようにして、まっさらな状態ではじめたこのゲーム。
とりあえずアイドルをプロデュースするということはわかっていたものの、何をどうしていいかわからず、事務所に顔を出す。
765プロダクションという、小さな芸能事務所で、雑居ビルの2階に事務所があります。芸能事務所というから、もっと立派なところをイメージしていたのですが…。
それはおいといて、社長から、プロデュースする女の子を一人選ぶように言われ、所属タレントのリストを見せられるのですが、10人(双子がいるので、実際には11人)いて、年齢を見ると、下は12歳、上は20歳と、どの子も若く、さすがに小学生や中学生は抵抗があったので、16歳以上にしようと思ってパラパラと資料をめくると、ひとり、ビビビッと来る子がいました。
彼女の名前は秋月律子、18歳。唯一のメガネっ娘で、勝ち気な性格で頭がいいということで、自分の好みに合っていることもあり、彼女を選びました。
最初に会ったとき、事務所の経理の仕事の手伝いをしていて、話を聞くと、元々アイドル志望ではなく、マネジメントの仕事をしたくてプロダクションに入ったのに、人手不足だからという理由でタレントをすることになったとのこと。
それを聞いて一抹の不安を覚えたものの、そんな彼女をプロデュースしてアイドルとして成功させてあげたいと思い、正式にプロデュースすることが決定したのでした。

つづく

posted by あまのめぐみ at 22:57| 山形 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。