2007年06月30日

iPhone、米国で発売

参考ニュース記事→コチラ

話題のアップル製スマートフォン、iPhoneがついにアメリカで発売されました。
日本では発売の予定はありませんが(泣)、テレビのニュースで中継していたのをみました。
ものすごい行列ができていて、先頭の人は月曜日(!)から並んでいたとのこと。Macユーザーとしては、アップル製というだけで、気になる存在ですけど、実際のところはどうなのかな、と思っていました。
OSとしてWindowsMobile5を搭載しているW-ZERO3[es]は決して処理速度が速いわけではないので、MacOS XベースのOSを搭載しているiPhoneも似たような感じだったらガッカリだろうなあ、なんて思っていたんです。
実際に使っている映像を見ましたが、予想以上に動作は速く、これならPDAとしてもかなり便利だと思います。
日本だと、携帯電話の規格の関係で発売は困難だと思いますが、電話機能を省いたPDA型iPodとして日本で発売してくれれば嬉しいのですが…。
いずれにせよ、Macユーザーの私としてはアップルの製品が注目されれば嬉しいので、気長に待とうと思います。
posted by あまのめぐみ at 21:49| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

国分太一くん、箸は右手で持とうよ

元の記事→コチラ

(お知らせ)seesaaのサーバの緊急メンテナンスがあって、更新できなかった分を一日遅れで更新しています。
J-CASTのニュース記事が好きで、よくチェックしているのですが、テレビ番組に関するコラムのコーナーに、非常に気になる記事がありました。
要約すると、「TOKIOの国分太一くんは左利きで、箸を左手で扱っているけど、箸は右手で持つのが常識だぞ!」
という内容です。
私の周りにも左利きの人はたくさんいますが、それがおかしいと思ったことは一度もありません。
たしかに、左利きの幼い子供に右手で物を扱うように矯正しようとする親はいますが、それは世の中は右利きの人に使いやすいようにできているから、将来子供が困らないように小さいうちから矯正しておこう、という親心からです。
無理に矯正しようとすると、脳の発達などに影響がありますから、それはやめたほうがいい、というのが現在の考え方で、昔はそのへんをわからなかったと思うので、極力右利きにした方がいいという考え方は一般的だったのだと思います。
ただ、それとこれとはまた別問題で、テレビ番組の内容について苦言を呈したり、箸の使い方がデタラメだから文句を言うのならわかりますけど、ただ単に左利きであることが悪い事であるかのようなことを書いているのは、差別以外の何ものでもないと思うんですよね…。
実際、コメント欄もそういう意見ばかりで、ふだんは多くても1〜2件くらいしかコメントがないのに、これを書いている時点で99件のコメントがあり、関心の高さを物語っていました。
書いた本人からの回答がないので、どう思っているかわかりませんが、個人のブログならいざしらず、マスコミのニュースサイトの記事として扱っているのですから、きちんとした対応をしてほしいですね。
posted by あまのめぐみ at 23:59| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

メカトンボ

公式サイト→コチラ

小型のラジコンヘリってあるじゃないですか。室内で飛ばせるくらい小さなヘリコプター。
あれ、いいなあとずっと前から思っていたのですが、「トンボ」型のラジコンがあるということを知りました。
なんというか、ドラえもんの中でスネ夫が「大学生のいとこからもらった」というラジコンヘリを見せびらかしていて、それに対抗してのび太がドラえもんに出してもらうのが「メカトンボ」という、そんなイメージの製品です。
ちゃんと4枚の羽根がはばたいで空を飛ぶというのは、今までなかっただけに興味津々です。
これから夏になれば外に出る機会も多いですし、忘れていなければ、購入して、実際に遊んでみましたリポートをするかもしれません。
posted by あまのめぐみ at 22:34| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

熱血!! コロコロ伝説Vol.2

公式サイト→コチラ
やっぱり金メダルマンは最高、さくしゃです。
Vol.2にして個人的には今回が最高傑作だと言ってしまいたいくらい内容が充実しています。
なんといっても、金メダルマン!! 本誌に載っているだけでなく、付録でコミックスもついてくるという、これだけで買う価値があったといってもいいくらいです。
特に金メダル暴走族になってからが最高で、調べてみると、暴走族だけで3年くらい続いていたんですね。
他にも、刑事アクションの「ザ・ゴリラ」、かなりHな「おじゃまユーレイくん」、言わずと知れた名作「ゲームセンターあらし」…ゲームセンターあらしにいたっては、今後刊行される「熱コロ」で書き下ろしの新作が掲載されるとのこと。一体どんな内容になるのか…。まさかWiiリモコン持って炎のコマとかはないと思うけど…。
あと、驚いたのが「あさりちゃん」。今でも連載続いているんですね。絵柄は若干変わりましたが、まだ続いているというのに驚きました。公式サイトもあります。
☆あさりちゃんのへや☆→コチラ
次回はVol.7ということで、さすがに「知らない」作品ばかりですが、それはそれで、新鮮な驚きがあって楽しいかなと思っています。

posted by あまのめぐみ at 22:32| 山形 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | さくしゃ専用ザク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

楽しみが減ってきた

この場合の「楽しみ」とは「新製品」の情報をチェックする楽しみです。
もっと具体的に言うと、「デジカメの新製品」のことで、数年前まではそれこそ毎月のようにこれでもかと言わんばかりに新製品が発売されていましたが、今年に入ってからはずいぶん寂しくなりました。
今までは「○○○万画素」という高画素競争がずっとあって、コンパクトデジカメでも1000万画素オーバーという機種が登場するようになって、さすがに画素数競争は一段落して、かといって他に売りにするような目新しい要素もなく、ユーザーの方も手持ちのデジカメで満足しているみたいで買い替え需要もあまりなく、そういった要素が重なって、すっかり「新製品」という文字を見ることが減ってしまいました。
これからボーナス時期ですから、そこを狙って新製品が登場するとは思いますが、それなら「発表」だけでもあってよさそうなのに、何もないところを見ると、各社ともあわてて新製品を出す必要はないと考えているのでしょうね。
あと、携帯電話のカメラの性能がよくなったというのもあるかな?
わざわざデジカメを持たなくても、ふだん使っている携帯でそれなりの写真が撮れるのですから、無理に買うこともないですしね。
そういう私も、ただ発売された製品を見て、「いいなあ」と思うだけで、買わないのだから、偉そうなことは言えないですね(苦笑)。
posted by あまのめぐみ at 22:40| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

羊頭狗肉

羊頭狗肉…これは、看板に羊の頭を掲げて、うちでは「羊の肉を売ってますよ〜」と言いながら、実際には狗肉(犬の肉)を売っているという意味で、今話題のミートホープ社のことを言い表したような四字熟語です。
ミートホープ社の社長と同姓同名のプロレスラーがいるのですが、本人はいい迷惑でしょうね…。
それはともかく、この社長の発言の中にどうしても聞き逃せない言葉がありました。
「販売店も悪いし、半額セールで(冷凍食品を)喜んで買う消費者にも問題がある」
詐欺でだましておいて、だまされる方が悪い、とでもいいたげなこの発言。
半額セールで買う消費者が悪いとは、一体どういうこと???
賞味期限が近いから、半額にして在庫をなくそう、というのは、ごく普通に行われていますが、それは悪い事ではないでしょう。
半額になるまで消費者が待つ→だから売れ行きが悪い→結果的に製造側がコストダウンを強いられる
と言いたいのでしょうが、百歩譲ってそれはたしかに申し訳ない部分があると言っても、だからといって、牛肉の中に豚肉を混ぜていいかというと、それはまったく別問題。
さくらんぼを買って、中に梅干しが混ざっていたら普通は怒るでしょう。
商売の本質を見失って金儲けのことばかり考えるから、こういうことを平気でするんでしょうね…。
こういうニュースを見たり聞いたりするたび、自分はこうならないように気をつけよう、と思います。


posted by あまのめぐみ at 22:30| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

第四のビール

ふだんからお酒をまったく飲まない私がこんなこと書くのも何ですが、「第四のビール」という単語を耳にしたので、一体どういうことなのか調べてみました。
簡単に分類すると、
ビール
発泡酒
第三のビール(その他の雑酒)
第四のビール(リキュール類)
となっていて、一体何がどう違うかというと、原料や製造方法の違いで分かれているんですね。

ビール…麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの。
発泡酒…麦芽又は麦を原料の一部とした酒類で発泡性を有するもの。
第三のビール…麦芽や麦を原料として使用しない酒類で発泡性を有するもの。
第四のビール…発泡酒に別のアルコール飲料(小麦もしくは大麦スピリッツなど)を混ぜたもの。
簡単に説明すると、こういう感じです。
ビールからホップを除くと発泡酒→麦芽を使わない発泡酒が第三のビール→発泡酒に別の酒をブレンドすると第四のビール…つまり「ビール風アルコール飲料」ですね。

なんでこんなにややこしくなっているかというと、単純に税金対策で、ビールの酒税は高いから、安い発泡酒を発売したけど、今度は発泡酒の税金が高くなったので、第三、第四のビールへと移行…。

わざわざ「ビールっぽい酒」を買ってまで飲みたいものなのか、私には疑問なんですが、そのへんは飲む人にしかわからない世界なんでしょうね…。
posted by あまのめぐみ at 21:16| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

6月23日

アイドルマスター公式サイト→コチラ
今日はアイドルマスターに登場する「秋月律子」の誕生日でした。
他のキャラクターはともかく、彼女には思い入れがあるので、久しぶりにアイマスをプレイして、何か特別なイベント発生していないか確認してみました。
…特に変わったこともなく、いつものアイマスでした。
ゲーム内の時間とは違いますから、それはしょうがないのでしょうけど…。
アルバムを確認してみたら、律子のPVが保存してあり、久しぶりに見て…やっぱり歌うまいなーというのと、衣装が地味というか、最初のプレイなので少ししか持っていない状態のため、物足りない感じがしました。
今度プロデュースする時は、納得できるような衣装を用意してあげないと。

posted by あまのめぐみ at 23:02| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

特急田中3号

公式サイト→コチラ

ついさっき、最終回の放送が終わりました。いいドラマでした。不祥事続きのTBSですが、個人的に好きなドラマが多いのが救いです。
それにしても、予告を見た時点では、田中くんが夢に向かって突っ走って終わりで、メーテルとは離れたままで、3年後の妄想が現実になって終わると思っていましたが、きれいにまとまって良かったです。
元々、KAT-TUNの田中くんのファンだったので、彼が主演ということで見始めたのですが、想像以上に素敵なドラマでした。
ドラマの軸になるのが「鉄道」だったわけですが、私の住んでいるところは田舎の中の田舎、まさにキング・オブ・田舎のため、駅がありません。隣接する市や町にはちゃんと駅があるのに、うちのところだけないんです(泣)。
そういうこともあって、どうしても鉄道とは縁遠いので、そこだけがちょっと入り込めないでいましたが、ドラマを見て、「鉄道の旅」してみたいと思うようになりました。
あと、オフィシャルガイドブックが発売されているので、見かけたら購入しようと思います。
このドラマ、番組改編時期に、スペシャル版放送しないかなあ…。純粋に旅番組でもいけそうなんですが。
とにかく、いいドラマでした。
posted by あまのめぐみ at 23:13| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

朝日ソノラマが解散

ニュース記事→コチラ

朝日ソノラマ…「吸血鬼ハンターD」の印象が強いのですが、なくなってしまうんですね。
私はちょっとアニメやホラー系の小説に強い出版社、というイメージがあったのですが、ソノシートで有名だったんですね。
インターネット全盛の時代ですから、出版業界も大変だと思います。
業務の方は朝日新聞社が引き継ぐ形になるというので、大きな混乱はないと思いますが、自分の思い出にあったものが消えて行くというのはさびしいものがあります。
posted by あまのめぐみ at 22:58| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

コミックヨシモト

公式サイト→コチラ

吉本興業プロデュースのコミック誌が創刊ということで、ご祝儀? の意味をこめて買ってみました。
正直、まったく期待していませんでしたが、思ったよりは面白かったです。
ただ、次号も買うかと言われると…「?」ですね。
豪ちゃんのマンガと福本先生の対談、島木譲二さんの話は気になるけど、あとはどうでもいいです、残念ながら。
やっぱり芸人がテレビや舞台で芸をするのと、マンガの原作を書いたりするのとは全然別物なので、吉本興業のネームバリューだけでこの先やっていけるかというと、難しいと思います。
ましてやマンガ業界は完全に飽和状態で、新規参入してきてもあまりメリットはないと思いますし。
一年後、「創刊一周年!」と書かれた表紙が見られるかどうか……。
posted by あまのめぐみ at 22:52| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

YouTube日本語版

YouTube日本語版→コチラ

日本語版になったからといって、特に変わったことが出来るようになったわけではありませんが、単純にメニュー画面が日本語表記になったので、わかりやすくなりました。
ですが、英語でも特に困るようなこともなかったので、逆に日本語表記だとなんとなく違和感を覚えます。慣れれば気にならないのでしょうけど。

そんなことより、夕べ寝る前にちょっとだけ遊ぼうと思って某ゲームをプレイしたら、気がついたら午前2時で、その影響が今になって出て来て、非常に眠いです…。
posted by あまのめぐみ at 22:50| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

小枝 エチオピア・モカ

小枝公式サイト→コチラ

ドラッグストアに行ったとき、見かけて「期間限定」という文字につられて買いました。
「小枝」なのにポッキーと同じくらいの長さがあって、ちょっと違和感ありますが、それはそれとして、「エチオピア・モカ」の名前からわかるように、コーヒー豆の「モカ」が練り込んであります。
実際に食べてみると…よくわかりませんでした(苦笑)。
それなりにコクのある味わいはしますが、いかにも「モカ」という感じではないですね。
できればもう少し「コーヒー味」にしてくれると良かったのですが…。
このシリーズはそんなに商品のバリエーションを増やすつもりはないみたいで、公式サイトを見ても、商品ラインナップがずいぶんシンプルで、逆に言えば、奇をてらったりすることをしないからこそ、ロングセラーなのかなと思いました。
…ロングと言えばポテロングですが、食べると歯にくっつくのが難点です。…関係ないですね。
posted by あまのめぐみ at 22:36| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

HDD増設

そいういうわけで、PowerMac G5には標準でHDDを2台内蔵できるようになっているので、一台増設しました。
やり方は非常に簡単で、ケースのカバーを外して、増設用のハードディスクをセットして、カバーを元に戻すだけでした。
メモリを増設する感覚で簡単にハードディスクを増設できてしまうというのは、G5のメリットのひとつで、やっぱりIntel MacにするならG5の流れを汲むMacProがいいのかな、なんて思ってしまいます。
それで、データを古い方から新しい方に移行させたのですが、「TECHTOOL Pro to go」というソフトを使いました。これだと、システムからアプリケーションまで丸ごと移行できるので、今までとまったく同じものがそのままひとつ増えた感じになり、意外なほど簡単に移行できました。
今まで使っていた方は、フォーマットしておいて、Mac OSX 10.5が登場したときに、インストールしてみて、動作環境の検証などしてみようと思っています。

posted by あまのめぐみ at 23:26| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

人が多いのが苦手

私は占い師のくせに人間が苦手です。
1対1や、数人の人が近くにいるぶんにはどうにかなりますが、周囲にたくさん人がいると、精神的にまいってしまいます。
映画とかプロレスを見に行って、近くに人がいる場合は、スクリーンやリングに気持ちが向いているので、割と我慢できますけど、ショッピングモールとか、不規則な人の流れがあって、視界に多くの人がいるような状況だと、どうしても気後れしてしまいます。
別にその人達は私を見て何か言っているわけではないですし、いちいちこっちのこと気にかけたりはしないと思いますが、どうしても苦手なんです。
一番つらいのは、閉鎖された空間(体育館など)で、人の動きがない状態です。何かの行事でそういう場所にいて、気持ちを集中させることが出来るものが近くにないと、かなり危険です。
自分がものすごく無力な存在に思えて、自分自身を否定したい衝動にかられ、そこから逃げたい気持ちでいっぱいになります。

この症状の原因は自分ではわかるのですが、他の人に言っても理解してもらえないことなので、誰にも言わないようにしています。
こうして書くと、ものすごく大げさな話のようですが、ふだんはそんなに気にはしていません。今日は久しぶりにそういうネガティブな感情に押しつぶされそうになったので、書いてみました。
posted by あまのめぐみ at 23:03| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

本日も逆鱗日和

ファミ通.comに連載されていた、モンスターハンターのプレイ日記をまとめた本です。
最近はPC版の「モンスターハンターフロンティア」のプレイ日記もはじまったみたいです→コチラ

本書には、初代モンスターハンター、モンスターハンター2(ドス)、モンスターハンターポータブル2ndのプレイ日記が掲載されています。
書いているのがファミ通の記者さんなので、きっと業界人っぽい内容になっているんだろうなあ…と思って読むと、これが真逆で、むしろ一般人よりゲームの知識が乏しいんじゃないかというくらいの勢いの内容です(苦笑)。
何せ、見た事がない防具がファミ通にのっていたので、さっそく素材を集めにいったものの、どうしても見つからず、友達(一般プレイヤー)にメールできいたら、「ファミ通にのってますよ」と言われたり(笑)、「砲術士」というスキルがあることを知り、これがあればガンランスが強くなると思ってがんばってスキルを使えるようにして、強くなったと喜び勇んで、ファミ通の攻略担当のスタッフに得意げに話したら、「ガンランスの性能が上がるのは砲術王で、砲術士では影響ありませんよ」と言われ、思いっきり落ち込んだりと(笑)、とても業界人には見えません。
ですが、それゆえ、一般のプレイヤーから見ても、共感出来るような内容になっていて、この本を読んで、久しぶりにモンスターハンターをプレイしたくなりました。

と言いつつ、Xbox360で「モンスターハンター3」発売されないかなあ…と思っていたりします(現時点では、PS3で発売が決まっています)。
posted by あまのめぐみ at 21:28| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

熱血!! コロコロ伝説Vol.6

公式サイト→コチラ

Vol.6は1987〜1988なので、この頃の作品は知らないの多い…と思っていましたが、意外と知ってる作品が多かった、さくしゃです。
「おぼっちゃまくん」が表紙になっていますが、この作品については、有名すぎるので、省略するとして(笑)、「つるピカハゲ丸」(これも有名)、「あまいぞ! 男吾」、「熱拳カンフークラブ」「のんきくん」はよく覚えている作品です。
この当時は買っていないと思うのですが、なぜよく知っているのか、自分でもわかりません(苦笑)。
それよりも、「つるピカハゲ丸」の作者の「のむらしんぼ」先生へのインタビューが掲載されているというのがポイント高いです。
のむらしんぼ先生と言えば、やはりアニメ化もされた「つるピカハゲ丸」が代表作ですが、個人的には何と言っても「とどろけ! 一番」が忘れられない作品です。
このマンガは、「格闘受験マンガ」で、基本的に試験を受けて、それに対して「答案二枚返し」といった必殺技を駆使してライバルと戦うという、今考えても斬新な内容のマンガでした。
ただ、物語の終盤の方で、なぜか受験マンガからボクシングマンガになるという、意味不明な方向転換があり、ずっと疑問だったのですが、インタビューによると、この作品のスタートが、受験がテーマというところからはじまっていて、それをどう膨らませて行くか悩んでいるとき、編集者の方から「リンかけ(リングにかけろ。言わずと知れたボクシングマンガの金字塔)」みたいなマンガを受験をテーマにやってみよう、というアイディアが提案されたことがきっかけて生まれたということでした。
そういう意味では、受験からボクシングに流れて行くというのは、「リンかけ」に対するオマージュだったのかな…と、勝手に納得しました。
posted by あまのめぐみ at 22:37| 山形 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | さくしゃ専用ザク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

熱血!! コロコロ伝説Vol.1

公式サイト→コチラ

全巻予約してある、さくしゃです。
発売日に小学館から送られてきてにもかかわらず、多忙のため放置してあり、やっと読む事ができました。
Vol.1は1977〜1978ということで、創刊当初の作品が多く掲載されてあり、個人的に読みたかった「ゴリポン君」が掲載されているので、それだけで満足です。
今読むと、昔読んでいたときには気にならなかったようなことが気になります。
「リトル巨人くん」という作品は、子供なのに、巨人のピッチャーとして活躍するというお話なんですが、年齢が8歳(!)と、冷静に考えると無茶ありすぎな気が…。でも当時はなんとも思わないで読んでいたから不思議。
あと、細かいデータベースが充実していて、「ドラえもん」以外の藤子F作品のリストがのっているのですが、わずか3回で連載終了してしまった幻の作品「宙ポコ」がきちんと書いてあるのに感動。
個人的には、Vol.2に気になる作品が多くのっているみたいで、非常に楽しみです。
「ザ・ゴリラ」
「おじゃまユーレイくん」
「ゲームセンターあらし」
そして、別冊ふろくにもなっている
「金メダルマン」
特に金メダルマンは読みたかった作品のナンバ−1だったので、読んだら泣きそう。
明日は、Vol.1と同時発売されたVol.6について書いてみようと思います。
posted by あまのめぐみ at 22:32| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | さくしゃ専用ザク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

ペプシ アイスキューカンバー

ニュースリリース→コチラ

今日から発売された、エメラエルドグリーンのペプシです。
キューカンバー(CUCUMBER)とは英語で「キュウリ」のことで、キュウリ味のコーラというその設定自体が異様というか、一体誰が考えたのか気になります。
それで、味の方ですが、「ほんのりキュウリ風味」ということらしいのですが、そもそもキュウリを飲み物として考える事自体思考の外なので、どう評価していいかわからず、とりあえう香りをかいでみても、わからないし、飲んでみても、なんと表現していいかわからない味です。
ただ、ある程度飲むと、口の中に「キュウリっぽい」後味が残る事がわかりました。
その状態になって、もう一口、二口と飲んでみると、なんとなくキュウリ味っぽく感じます。
あくまでも「ぽい」なのですが、「アハ体験」みたいな驚きがあります。いや、そこまで大げさでもありませんが。
正直なとことろ「ペプシブルー」の色違いという感じでしかないのですが(苦笑)、こういうのは、消費者よりも、開発側の方がおもしろがっているような気がします。
いつかレインボーペプシが登場することを期待しつつ、飲みかけの分は冷蔵庫にしまうことにします。
posted by あまのめぐみ at 23:06| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

超暴君ハバネロ

暴君ハバネロ公式サイト→コチラ

発売してすぐに買ったのですが、ブログに書くのが遅くなりました。
今回は「超」ということで、なんだか仮面ライダーのパワーアップした姿みたいになっていますが、具体的には辛さ1.5倍、厚さ2倍と、一個あたりのサイズが大きく、辛くなっています。
もともと暴君ハバネロは、一個だと小さいので、2〜3個まとめて食べることが多いので、厚さ2倍は嬉しいところです。
辛さ1.5倍については、以前、限定品でそういう商品が2005年に発売され、ブログに書いていたので(ココ)、それ自体は珍しくはありません。
味の方は、辛さに慣れつつあるのか、飛び上がるほど辛いとは感じませんでした。
とはいえ、辛い事は辛いので、注意が必要です。

それよりも気になったのが、ハバネロの2〜3倍辛いということで、世界一認定された唐辛子が今年登場したため(参考記事→ココ
暴君は世界一の座を奪われてしまったということです。
パッケージや公式サイトにも「世界一辛い」とは書かれていません。以前は書いてあったと思うのですが…。
まあ、ただ辛ければいいというものではないので、暴君ハバネロが、別の商品になることはないと思いますが、今後の展開に注目したいと思います。
posted by あまのめぐみ at 22:28| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。