2007年07月31日

オブリビオン プレイ日記 4

深夜に集合場所に行こうとして街の中をウロウロしていると、海賊? の女性から文句を言われ、嫌な感じ〜と思いながらも無視して、指定の場所に行くと3人の男女がいました。
話を聞くと、1人は盗賊ギルドのスカウトで、残りの2人は盗賊ギルド入会希望者でした。
自分と同じウッドエルフの女性と、トカゲ人間の男性です。女性の方がやけに自信ありげで、同じ種族としては、この女だけには負けられないとライバル心を燃やすのでした。
今回は人数が多いということで、テストを行って3人のうち1人だけ採用するとのこと。
テストの内容は、ある人物の家に忍び込んで、その人の日記を持って来るというものでした。
ライバルや関係者の殺害を禁止する以外は特にルールはなく、街の中にいる物乞いに話を聞けば情報を得られるとのこと。
そういえば、物乞いにお金あげたような…と思って物乞いを探すのですが、どこにいたか思い出せず、あちこち探しまわっているうちに、ウッドエルフの女性が日記をゲットしたという情報が飛び込んできました。
これで盗賊ギルド入会はなし? と思いきや、「強奪してはいけないとは言っていなかった」との理由で、女性から日記を盗み取るという作戦に変更になりました。
幸い、彼女が得意げにして街を歩いていたので、背後からそっと近付いて、スリで盗もうとしたのですが、衛兵に見つかってしまい、罰金を支払って釈放してもらったのですが、当然彼女はすでに行方をくらましていて、途方にくれていると、物乞いが近くにいたので、話を聞くと、彼女は近くに住んでいることが判明。
早速彼女の家に行って、ピックで鍵をあけて侵入すると、彼女はベッドで寝ていました。
ちょうど近くに本があったので、それを手にすると、日記ではなかったので、部屋の棚などを物色していたら、棚にあった物が倒れて、彼女が目を覚ましました。
侵入したことを怒ってはいませんでしたが、
「日記はしっかり隠したから、あきらめて」
みたいなことを言うので、とりあえず退散することに。
そしてすぐに家の中に侵入すると、彼女はまだ起きていたので、話術を使って好感度をアップさせたりしていたら、彼女は寝てしまいました。
これはチャンスだと思い、家の中にあった箱をピックで解錠して、中にあった日記をゲットし、夜中まで待って届けました。
結局、彼女と私の二人が合格ということになり、トカゲ男は一人で活動するとのこと。
盗賊ギルドは、仕事中に殺人禁止、貧乏人から盗んではいけない、といったいくつかのルールがある以外は、自分で考えて活動するようにとのことで、とりあえず一段落したので、また各地を放浪していたら、びっくりするような出来事があったのです…。

つづく
posted by あまのめぐみ at 07:12| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

オブリビオン プレイ日記 3

特に目的もなく、各地を放浪して、植物やキノコを採集し、調合して毒や薬を作成することに喜びを見いだしていたある夜のこと。
馬に乗った人が近くにいたので、隠れながらこっそり弓矢で攻撃してみたら、見つかってしまい、あっさりと捕まってしまいました。
どうやら護衛兵が巡回していたみたいで、牢屋行きになりそうだったのですが、お金を払ってその場で釈放してもらい、難を逃れました。
その後、どこかのギルドに所属してみようと思い、魔法ギルドと戦士ギルドに所属させてもらうことになりました。
戦士ギルドの最初のクエストで、ネズミがどうこう言っている家に行った時、地下室にいたネズミをみんなやっつけたところ、依頼主から、
「ペットのネズミが死んでしまい困っている」
という話を聞き、顔面蒼白に(汗)。
てっきりネズミ退治だと思っていたのに、その逆だったとは…。
一応そのクエストはクリアはしましたが、ネズミが全部やられていたので、報酬はなし。
このことがきっかけになり、難易度を初期状態に戻しました。ネズミがあまりにも弱かったので、何も考えないで行動してしまったことで起きた悲劇だったので。
その後、再び放浪の旅をしていましたが、ここでとんでもない事件が起きます。
馬に乗った護衛兵にスリをしたらどうなるのかなと思い、相手の所持品をチェックしたものの、大したものを持っていなかったので、やめたのですが、何もしなくても、スリをしようとした行為だけで犯罪のようで、護衛兵に捕まってしまいました。
また金を払って釈放、では面白くないので、その場で抵抗して、戦闘になり、弓矢を使って倒したところ、
「謎の勢力に殺人の現場を目撃された」
と出て、あせりましたが、近くに人影はなく、気にしないでいたのですが、指名手配になってしまったようで、別の場所で他の護衛兵に捕まりました。
暗殺者なので、このまま悪の道を突き進めと、その護衛兵も倒して逃げましたが、状況は悪くなる一方で、以前に司祭を送り届けたところなら遠いし、安全かもと思って行ってみたら、あっさり捕まりました。このままでは拉致があかないと思い、おとなしく牢屋に入る事に。
脱獄も考えたのですが、解錠用のピックが少ししかないため、すぐにダメにしてしまい、あきらめて服役しました。
出所してしばらく街をウロウロしていたら、怪しげな男にメモを渡され、見ると「盗賊ギルド」への招待状でした。
盗賊ギルドは表向きは存在しないことになっているので、街の中には存在しません。ちょうど探していたので、メモをしまって、集合の場所へむかいました。

つづく

posted by あまのめぐみ at 07:11| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

オブリビオン プレイ日記 2

王様の息子の情報を得るために、近くにある修道院に行くと、そこで彼はある街の大聖堂で司祭として働いていると言われました。
そこで司祭のいる街に向かうと、何やら騒がしい事になっていて、近くにいた住民に話を聞くと、オブリビオンの門が出現して、そこから異世界の怪物が出現し、街を破壊してしまったのだという。
しかも悪い事に、司祭は逃げ遅れた人達と一緒なので、もしかしたら死んでいるかも…と。
今は街の護衛部隊が必死に敵と戦っていて、なんとかもちこたえている状態だけど、いつまで持ちこたえられるかわからないという悲観的な声を耳にし、急いで現場に急行。そこで護衛部隊の隊長に話を聞くと、一緒に戦ってくれと懇願されてしまい、やむを得ず参戦することに。
大聖堂に向かうと、かなり丈夫なつくりだったためか比較的損傷が少なく、司祭も無事だったので一安心。
早速ここから脱出しようと話すと、街の安全が確保されるまでは動けないと言うので、そういうことならと、オブリビオンの門をくぐって、異世界に突入し、苦労しながらも、門を閉じることに成功しました。
そのあと、生き延びた護衛部隊の人達と協力して、大聖堂の近くにいる怪物達を一掃すると、司祭は一緒に行ってくれることを受諾してくれるのですが、隊長からはあと少しでこちらの世界にいる怪物達を全部やっつけることが出来るから手伝ってほしいと言われました。
本来ならこのまま協力すべきなんでしょうけど、そこまでする義理は無いと、無視して司祭を連れて修道院に戻ると、なんと修道院が襲撃を受けていて、さっき会ったばかりの神父さんが変わり果てた姿で倒れています。
びっくりして修道院に入ると一人生き残っていて暗殺者数人と交戦中だったので、協力して暗殺者を全員倒し、調べると、チュートリアルで王様を襲った連中と同一の組織らしいことが判明。
さらに王のアミュレットが盗まれていて、このままではまずいと、司祭を王様の護衛部隊の本拠地にかくまってもらいます。
とりあえずこれで一安心はしましたが、そこで
「君、いい身体してるね、自衛隊に入らないか?」
というようなことを言われて、少し心が動きましたが、暗殺者として生きていくつもりだったのでやめました。
そして、ようやく当初の目的だった暗殺者目指して、各地を放浪する旅に出るのですが…。

つづく


posted by あまのめぐみ at 17:51| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

オブリビオン プレイ日記 1

いきなりですが、このゲームはプレイ中にオプションで難易度の変更を自由に行う事ができます。しかも「EASY」「NORMAL」「HARD」といった変更ではなく、スライドバーで調整する仕様になっています。
私は一番簡単にしてプレイしているので、あらかじめご了承ください。

このゲームは最初、牢屋に閉じ込められているところから始まります。
そこでプレイヤーキャラクターの作成を行います。
種族を選んで、ビジュアルを作成するのですが、10種類ある種族の中から、私はウッドエルフを選択しました。ウッドエルフは全種族の中で一番弓矢の扱いにすぐれている、というのが選択の理由です。女性キャラにしたのですが、あまり女性に見えないというのが難点です(苦笑)。名前は「アンニン」(杏仁)。
070728_0728〜0001.jpg
牢屋でウロウロしていると、なぜか王様と護衛の兵士がやってきて、
「ここに秘密の通路の入り口があるから通るぞ」
みたいなことを言って、隠し扉から出て行きます。
その時王様が私を見て、
「夢の中に出て来たような気がするな、チミ。世界を救う勇者だったような…」
みたいなことを言い残していきました。
せっかくなので、秘密の通路を使って出て行くと、錆びた武器とかがあるので、拝借してネズミやゴブリンなどをやっつけたりしながら、進んで行くと、王様一行が暗殺者らしき一団に襲撃されています。
こっそり遠くから見ていると、返り討ちにしていたので、安心して出て行くと、
「お前も敵の仲間か!」
と誤解されて襲われるのですが、王様が仲裁に入ってくれます。
王様、なんていい人なんだ!
とか思って後ろについていくと、王様が暗殺者に殺されてしまいました(汗)。
そのとき、いまわの際に王様から王の証であるアミュレットを受け取り、
「実は隠し子がいて…」
と、衝撃の告白をされ、その人のところに言って来てほしいと頼まれました。
王様には恩があるので、引き受け、秘密の通路を出ると、最初のクエストが終了です。
ここまでがチュートリアルになっていて、終了するときに、キャラクターの作り直しができるようになっています。
また、職業も選択するのですが、私は「暗殺者」を選択しました。
なので、王様への義理を果たした後は、闇の世界に生きるつもりだったのですが、なぜか人助けをすることに…。
つづく
ラベル:オブリビオン
posted by あまのめぐみ at 07:41| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

ミニブログ

またまた新しいことにチャレンジしたくなり、一週間くらい前からミニブログを始めました。
ミニブログって何? と言う人も多いと思いますが、簡単に言えば「1行に特化したブログ」です。
例えば
「今日の夕飯はカレーでした」
「眠い」
「来週、映画見に行きたいと思ってるけど、仕事が入ってきそうな予感…」
という感じで、本当にちょっとしたことを書くだけのブログです。
パソコンと携帯で利用できるので、気が向いたら携帯でチョイチョイっと書いたりしてアップします。
アップしたブログや、コメントが書かれたブログは、ミニブログのサイトのトップページに一覧表示されるようになっていて、時間帯によってはものすごい勢いでアップされたりしますが、それを見て、気になった記事に対して、一言コメントを残したりします。
一般のブログだと、どうしてもがんばって書こうとしたり、ミクシィに代表されるようなSNSみたいに人間関係が複雑にならないので、気軽に書けるという特徴があります。
実際、ミクシィに疲れた人がミニブログに避難してくるというケースも多いみたいで、そういう書き込みを見た事あります。
私も、このブログと、萌える闘魂の二つブログありますが、ついがんばってしまうので、ミニブログのように、その時の気持ちをさらっと書けるブログの存在はありがたいです。
いくつかの会社でミニブログのサービスを提供しているようですが、私は「Feecle」というところに登録しています。
ミニブログの性質上、リンクをはったりしないようにするので、興味のある方は、検索してみてください。
posted by あまのめぐみ at 22:13| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

OBLIVION

公式サイト→コチラ

ずっと気になっていた、話題のRPGがついに発売されました。
このゲームは、信じられないくらい広大なファンタジー世界で、ありえないくらい自由に冒険が出来るというRPGです。
具体的に説明したくしてもしようがないくらい、自由で広大で、ストーリーにそって物語を進めて行けばいい、国産のRPGが好きな人には合わないと思いますが、逆にそういうのが嫌な人には最高のゲームだと思います。
このゲームに関しては、随時プレイ日記を書いてアップしていくつもりです。
現在は、チュートリアルを終えて、少し冒険しましたが、もう一度最初からやり直してみようと思っているところです。
ある程度慣れてきたら、くわしいプレイ日記を書こうと思います。
posted by あまのめぐみ at 23:31| 山形 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オブリビオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

熱血!! コロコロ伝説 Vol.7

郵便受けに1000万円入っていたら、間違いなく「俺の物は俺の物。他人の物も俺の物」にしてしまうであろう、さくしゃです。
今回の「コロ伝」は1989〜1990と、90年代に入ってしまうのですが、正直、知らないマンガばっかりです。
なので、「なつかしい」ではなく、新鮮な気持ちで読む事が出来ました。
全体を見ると「ミニ四駆」のマンガが多く、いかにこの当時子供達の間でミニ四駆がはやっていたかわかります。
さくしゃは、ミニ四駆にはまったく手は出していません。タミヤのサイトで調べてみましたが、あまりピンとはこないですね…。ラジコンは好きなんですけど。やっぱり自分で操縦するタイプでないと面白くないのかも。
それはともかく「ダッシュ! 四駆郎」はかなり面白かったです。少年マンガの王道的内容なのですが、読むと、ミニ四駆も面白そう…と思ってしまいます。
次回発売はVol.3で、いよいよ「とどろけ! 一番」が登場するので楽しみです。
posted by あまのめぐみ at 23:12| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | さくしゃ専用ザク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

元気ロケッツ

公式サイト→コチラ

「宇宙で生まれ育った30年後の17歳・LUMI」
意味わかりません。
でも曲は素敵です。最初に元気ロケッツの存在を知ったのは、ラジオでした。なんかいい曲だなーと思い、それが「元気ロケッツ」というバンド? らしいということを知り、それから数日後、Xbox360の「LUMINES LIVE!」というゲームの追加コンテンツに元気ロケッツの曲が使われていることを知り、ダウンロードして、聴いてみて、完全にやられてしまいました。
ゲームに使われているのは「HEAVENLY STAR」という曲の「Count Down Remix」で、原曲とは少し違うのですが、CDシングルに収録されています。
それで、CDシングルを購入してきたのですが、「HEAVENLY STAR」「BREEZE」という曲と、「HEAVENLY STAR」のRemixが7曲、インストが1曲の計10曲も収録されているというお買い得な内容でした。
元気ロケッツそのものは、LUMIという女の子を中心としたオーディオ&ビジュアルプロジェクト、ということしかわからないのですが、そういうことはあまり気にしてないので、とりあえず今後の展開に超期待です。

posted by あまのめぐみ at 23:24| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

誰でも割

auの新サービスで、2年契約限定で、初回から基本使用料が半額になるサービスが9月1日から始まるとのこと。
私の場合、これを申し込んだ場合、いくら安くなるのか調べてみました。
プランSS 基本使用料3780円→1890円、というのが「誰でも割」を適用した場合の料金ですが、私の場合、MY割+家族割ですでに39.5%割引が適用されているので、1422円割引になっています。
なので、1890-1422で、468円安くなります。これは大きいですね。
ひとつ気になったのが、MY割が適用されているユーザーも、申し込みが必要なのか…という点です。
答えは「自動的に誰でも割に変更されるので、申し込みは不要」でした。
それならいいですね。
これでWILLCOMみたいに通話の定額プランがあれば最高なんですけど、携帯では無理かな…。
posted by あまのめぐみ at 22:42| 山形 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

トトロの木

070722_1425〜0001.jpg
今日はトトロの木を見に行ってきました。
ご存知の方も多いと思いますが、これは杉の木なんですが、見た目が「となりのトトロ」のトトロに見えるということで、TVで取り上げられてから有名になった木です。
山形県の鮭川村というところにあり、私の住んでいるところからだと車で1時間くらいで行けます。
ただ、非常にわかりにくい場所にあるので、今まで行ったことはありませんでしたが、今日は近くに用事があったので、ついでに寄ってきました。
想像していた以上にへんぴな場所にあるみたいで、一応道案内の看板があるのですが、いかにも手作りという感じの看板で、しかも「トトロ」と書いてあるだけの看板だったので、本当に大丈夫なのか不安になることもしばしば。
ようやくたどりついたときは、感動すらおぼえましたが、最初に見たときは、ツノ(?)が3本あって、トトロに見えませんでした。
近付いて行って、別の角度から見ると、確かにトトロっぽい見た目になります。
それが、今回アップした写真です。
一応デジカメを持って行ったのですが、トトロの木を撮影しようとしたら、バッテリーがなくなってしまい、撮れないというハプニングが(汗)。
なので、携帯で撮影しました。
トトロの木は、正式な名称は「小杉の大杉」(ダジャレではない)と呼ばれる木で、小杉という土地にある大きな杉の木です。国の天然記念物にも指定されていて、実際に見るとかなり巨大でした。
機会があれば、3本に見える状態の写真などを含めて、今度こそデジカメで撮影してアップしようと思います。
posted by あまのめぐみ at 21:57| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

暴君ハバネロ ザ・チップス ガーリック味

アニメ版「時をかける少女」、見ていてイライラする…。同じ場面の繰り返しがうっとおしい。
そんなわけで、暴君ハバネロのチップスですが、基本的にこのシリーズはチップスの方がおいしいので、こっちを通常版にしてほしいと思います。
今回はガーリック味ということですが、かなり強烈なガーリック味で、ラーメン屋にある、すりおろしたにんにくを目の前にしているような気分になります。
私はこういうガーリック味が好きなので、たいへんおいしく召し上がることが出来ました。
「食べました」ではなく「召し上がることが出来ました」、と言いたい気分です。
ちょっと違和感ありますが、細かい事は気にしないことにします。
おいしくてバリバリ食べすぎて、あとから辛さで悶絶してしまうのですが、もっと食べたいです。
チップスシリーズは期間限定っぽいので、年中無休にしてほしいのですが、どうでしょう、東ハトさん。
posted by あまのめぐみ at 22:46| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

暴君ハバネロ〜メキシコ帰郷篇〜

暴君ハバネロ、世界征服の旅シリーズ最新作!
…と思ったら、なぜかメキシコ篇。
メキシコは以前にもありました→コチラ
もう1年以上も前のことなんですね。
前回はかくし味にサボテン、ということで「ウマ辛すっぱい」ということだったのですが、今回はライム果汁が入って「ウマ辛酸っぱい」ということでした。
前のは辛いだけで「すっぱい」は感じませんでしたが、今回は確かに「すっぱい」味がします。
ただ辛いだけではなく、酸味という味の広がりが加わって、なかなかおいしくいただけました。
…それにしても、世界征服の旅は一周してしまった、ということなのでしょうか?
そこはツッコんではいけないところだと思うので、これ以上は何も言わない事にします(笑)。
posted by あまのめぐみ at 22:51| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

チーズ大福

コンビニで「チーズ大福」なるものを発見したので、買ってみました。
値段の割に小さかったので、比較用にと「旨塩大福」というのも一緒に買いました。
チーズ大福は、その名の通り、大福のあんこの変わりにクリームチーズが入っているもので、想像した通りの味わいでした。甘さと塩辛さがうまく混じり合っていて、あっというまに食べてしまいました。もうちょっと具体的にレビューしたいのですが、2〜3個食べないと無理みたいです(笑)。
もう一方の旨塩大福ですが、「うましお」と書いてあるように、塩辛い大福…というよりも、あんこに塩をまぜた感じで、チーズ大福とは違うおいしさがありました。
どっちがおいしいとか、甲乙付け難いですね。
暴君ハバネロの新作を2種類購入してそのままになっているので、そっちもレビューする予定なのですが、食べ物のことばかり書いていていいものかどうか…。
やはり脳内メーカーの結果は正しかったということなのでしょう(苦笑)。
posted by あまのめぐみ at 22:49| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

エゴグラムによる性格診断

サイトは→コチラ

エゴグラムという心理学を利用した性格診断がよく当たるという噂を聞いたので、やってみました。
「自分をわがままだと思いますか?」
「料理、洗濯、掃除などの好きな方ですか?」
といった50の質問に答えると、自分の性格がわかるというものです。
結果の方は、かなり長文だったので、省略しますが、まあ、当たっている…というか、質問の答えをそのまま当てはめて文章を作っただけ、という感じで、釈然としないものがあります。
もちろん、紹介したサイトのやり方がエゴグラムのすべてではないと思うので、これだけで判断することはできません。
でも、個人的には、あまりオススメはできないかな…。

posted by あまのめぐみ at 23:14| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

コミックボンボン休刊へ

ボンボン公式サイト→コチラ
花も嵐も踏み越えて、物欲だけが人生と断言するさくしゃです。
以前から噂にはなっていましたが、正式に休刊が決定しました。
ボンボンと言えば、コロコロと並ぶ2大児童マンガ誌でしたが、すっかり凋落していたみたいですね。
Wikipediaを見る限り、編集者の「熱さ」の違いが大きかったのかなと思いました。
ボンボンと言えば真っ先に思い浮かぶのが「プラモ狂四郎」です。現在も続くガンダム人気はこのマンガがあったからこそだとさくしゃは思います。
他に思い出深い作品は
「おれのサーキット」
「なにがなんでもわたるくん」
「やっぱ! アホーガンよ」
「ラジコンキッド」
「はじけて! ザック」
「ファミ拳リュウ」
ですね。他にもいくつかありますが、ボンボンと聞いてパッと思い浮かぶのはこのへんの作品です。
ダンバインやエルガイム、ボトムズなどのアニメをマンガ化した作品も好きでしたが、別枠ということで。
上にあげた作品はどれも思い出深いので、ひとつひとつ語りたいくらいですが、長くなるので割愛します。
どうせ休刊するなら「熱血! ボンボン伝説」とか出してくれないかなと思うのですが…。
posted by あまのめぐみ at 22:49| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | さくしゃ専用ザク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

ホワイトカレー

以前、ホワイトスープカレーというタイトルの日記を書きました。2月3日のことです。→ココ
それから半年近くすぎて、とうとうホワイトカレーを食すことに成功しました。
ここまでの間、長州現場監督からは「天下を盗り損ねた男」と言われたり…はしていませんが、とにかくハウスの「北海道ホワイトカレー(中辛)」を食べました。レトルトだったので、具も入ってお得です。
ホワイトカレーとは何かと言いますと…パッケージには
「北海道産野菜のブイヨンと北海道産100%の生クリームをスパイスで引き立てたクリーミーなチキンカレーです」
と書いてあります。
実際に見た目が白く、カレーというよりはシチュー&ごはん、という感じです。
食べてみると、「スパイシーなクリームシチュー」という感じで、確かにカレーっぽいのですが、スーパーマイルドな味わいなので、どっちつかずな印象がしました。
おいしいことはおいしいので、たまにはいいかな、とは思いますが、定番メニューとなるには一歩及ばす、といったところでしょうか。



posted by あまのめぐみ at 21:52| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

脳内メーカー

脳内メーカー→コチラ
最近巷で話題の脳内メーカー、やってみました。大人気のため、なかなかつながらなくてめげそうでしたが、なんとか出来ました。
さっそく「あまのめぐみ」でやってみました。
maker.usoko.net.gif
……頭の中は食べ物のことしかないのか!(汗)
これではあんまりなので、本名の「天野恵」でやってみました。
maker-1.usoko.net.gif
なんだかものすごい悪人に見えます(泣)
では、さくしゃの本名でやったらどうなるか…
maker-2.usoko.net.gif
素晴らしいですね。でも、面白くはないです(苦笑)。
ちなみにこれはあくまでも、名前の画数から作り出すものであって、冗談なので本気にしないようにしましょう(笑)。

posted by あまのめぐみ at 22:43| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

Gears of Warで対戦

今日はGREEのXbox360コミュニティの仲間と一緒にGears of War(GoW)のオンライン対戦をプレイしました。
コミュニティの仲間と本格的に遊ぶのは初めてで、楽しみにしていたのですが、想像以上に楽しく、気がついたら12時近くになっていました。
やっぱり人間同士で遊ぶのはいいですね。
ずっと忙しくしていたので、ちょうどいい息抜きになりました。
本当は日記に書きたい事いっばいあったのですが、遊び疲れてしまったので、今日はこれだけでやめておきます(苦笑)。
Xbox360は日本ではパッとしませんが、遊ぶとハマるので、体験する機会を増やせばもっと売れると思うんですけどねえ…。
posted by あまのめぐみ at 23:55| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

オリンピック目前の北京 水も肉まんも偽物だらけ?

元の記事→コチラ

今朝、テレビのニュース番組で、段ボール入りの肉まんを製造している業者を取材した映像を見ました。
いくらなんでも、段ボールを豚肉に見せかけるというのは…。
悪い事をしているという意識がゼロなのか、インタビューに対して、平然として受け答えしている姿が印象的でした。
知らないで食べた人は、段ボールだということに気がつかない、ということでしたが、牛肉に豚肉を混ぜても気がつかないかもしれませんが、豚肉が段ボールに変わっていたら、誰でも気がつきそうなものですが…あまりにも想定外なので、そこまで考えないのでしょうね。
こういうインチキ食品があるとわかっていれば、気をつけると思いますが、わかっていなければ、知らないで食べてしまうかも…。
こんな調子で、来年の北京オリンピック大丈夫なんでしょうか? 
…間違いなく大丈夫じゃないでしょうね。
posted by あまのめぐみ at 22:13| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

マッスル・ヒストリーVol.6

個人的には最高傑作です。
プロレス+対抗戦+笑点+キン肉マン=マッスルハウス3という感じで、最初から最後まできれいにまとまっていました。
最初は普通のプロレスとして始まり、そこからなぜか笑点になって、大日本プロレスとの対抗戦になり、最後はキン肉マンで終わるという、文字だけで見ると何がなんだかわかりませんが、ひとつの興行としては本当に見事で、つくづくマッスル坂井という人は天才だと思いました。
今やマッスルのチケットは発売すると2日で完売してしまうくらい大人気なのですが、世間一般にはまだまだ知られていないというのが現状です。
YouTubeやニコニコ動画で検索すると、「マッスルミュージカル」がたくさん出てきますが(苦笑)、いくつか見つけたのをのせるので、ぜひ見てほしいと思います。
マッスル5〜8→コチラ
マッスルハウス→コチラ
おまけ→コチラ
posted by あまのめぐみ at 22:57| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。