2008年08月06日

マイクロフォーサーズシステム

元のニュース記事→コチラ

マニアックな話なので、カメラに興味がない人が読んでも意味不明だと思います。
が、私には非常に重要な話題です。
オリンパスの一眼レフカメラを愛用している私にとっては、今回の新規格の発表は嬉しい限りで、今年に入ってから、パナソニックはフォーサーズから撤退するのでは? という噂が流れていただけに、それはまったくのデマだったと裏付ける結果にもなり二重に嬉しいです。
キャノンやノコンといった老舗メーカーの一眼レフがAPS→35mm(フルサイズ)へと大型化する中で、それとは正反対の方向、小型化するというのは、オリンパスの独自性を出すことにもなり、いろんな意味で期待できそうです。
今年のうちに、対応機種が出るかどうかはまだ未定だそうですが、いずれにせよ、今までにない新しいタイプのカメラになることは間違いないでしょう。

posted by あまのめぐみ at 20:44| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めぐ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104304720
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。